太陽光発電への投資は超ローリスク・ハイリターン利回り10%以上多数あり

知っておきたいリスク!太陽光発電の出力抑制

太陽光発電の出力抑制とは、電力会社が太陽光発電設備への接続を制限するという機能で、太陽光発電設備の中には出力抑制機能がついているタイプがたくさんあります。

現在は、電力が供給過多な状態にあり、太陽光発電設備からの余剰電力を電力会社が受け入れてしまうと、充電所に大きな負担がかかってしまいます。最悪の場合には電流が逆流して大規模な停電になってしまうリスクがあるため、電力の安定した供給を目指すという意味で、出力制限を行っているのです。

太陽光発電における出力制限は、発電設備にそうした機能がついていなければ電力会社からの接続をコントロールでき来ません。そのため、投資家が太陽光発電設備を選び際に、出力制限機能が付いた設備を選ぶ必要があるのです。出力制限を普及するため、電力会社では出力制限機能が付いた設備とそうでない設備とで、電力買取単価に差をつけています。

一日のうちでどの時間帯に出力抑制が行われるかというと、太陽の光がサンサンと降り注いで、各設備がたっぷりと発電している昼間の時間帯が多くなります。2015年には出力抑制のルールが改訂され、発電量が500kw未満の一般家庭に設置されている太陽光発電設備も出力抑制の適用範囲となりましたし、出力抑制が行われる日数もそれまでは年間に30日までだったものが、年間に360時間以内と拡大されました。

出力抑制はエリアごとにも取り扱いが異なります。例えば、低圧電力の場合には、東京電力、中部電力、関西電力は電力消費量が高いため、出力抑制は対象外となっています。しかし今後、もっと多くの法人や一般家庭に太陽光発電設備が設置されていけば、このエリアも適用範囲へと変わるかもしれません。

この出力抑制は、より多くの家庭や法人が太陽光発電設備を導入したことによって、電力の供給が高い状況が起こりやすくなったということではないでしょうか。再利用で地球にエコな太陽光発電がよりもっと普及すれば、火力発電や原子力発電などを使わなくても、私たちの生活に必要な電力を太陽光だけでまかなえる時が来るかもしれませんね。