太陽光発電への投資は超ローリスク・ハイリターン利回り10%以上多数あり

投資家に選ばれる土地付き太陽光発電

太陽光発電投資にはいろいろなタイプがありますが、その中でも人気が高いのは土地付き太陽光発電設備を分譲で購入するという方法です。
もしも投資家が自宅の一戸建てに住んでいて、太陽光発電をするのに適した日射条件にある場合には、わざわざ土地付き太陽光発電設備を選ばなくても、自宅の屋根に設備を設置すれば大きな節約になります。しかし、アパートやマンションに住んでいる人だと、土地を持っていませんよね。そのため、太陽光発電投資をする際には、土地付きの物件を探さなければいけません。

土地付き太陽光発電投資は、太陽光設備だけではなく土地も一緒に購入することになるため、購入価格は数千万円と高くなりますが、たくさんのメリットがあります。

例えば、土地を持っていなくても今すぐに太陽光発電投資を始めることができますし、ソーラーローンなどが金融機関からラインナップされているので、低金利でローンを利用すれば自己資金が0円でも投資を始められるというメリットも期待できるでしょう。また、数千万円という投資だと不動産投資をイメージする人が多いのですが、太陽光発電投資の場合には、不動産投資のような空室リスクがなく、太陽光さえ降り注げばいつでも安定した発電が期待でき、売電収入につなげられるというメリットもあるのです。

さらに、電力会社が10年および20年間の電力買取を保証しているため、投資家にとってはその期間は安定した利益を得られるという大きな安心感にもつながるのではないでしょうか。

土地付きの太陽光発電投資は、土地なしの物件や、自宅の屋根に太陽光発電設備を設置して余剰電力による収入だけを期待する場合と比べると、最初にかかる初期費用はかなり高くなってしまいます。しかし、契約してから工事が完了するまで気が遠くなるような時間を待つ必要がなく、今すぐに投資を始めることができますし、電力会社からの電力買取単価は年々下がっている傾向にあるため、できるだけ早く始めたほうが大きな利益につながることは言うまでもありません。