太陽光発電への投資は超ローリスク・ハイリターン利回り10%以上多数あり

初期費用は設置kwによって異なる

太陽光発電投資の初期費用としてどのぐらいかかるかは、どのぐらいの発電量ができるパネルを導入するか、またどんなスペックの設備を導入するかによって異なりますが、一般家庭に設置する3.5kw~4kwぐらいの発電量の場合には、最初にかかる費用としては120万円~220万円程度が目安となります。

勿論、上記の発電量よりも多く発電したいなら、初期費用にも設置の際により多くのパネルやハイスペックなパワーコンディショナーなどが必要となるため、初期費用は高くなりますが、3.5kw~4kwぐらいでも一般家庭における投資ならかなり満足できる安定した収入につながりますよ。

スペックごとにパーツの価格は異なりますが、大体のかかる初期費用の目安としては、発電量1kwあたりだいたい30万円~35万円程度となります。ハイスペックなパーツを使うと、1kwあたりの価格が50万円~60万円になってしまうことはもちろんありますが、その辺は施工業者と相談しながら妥協点を見つけると良いでしょう。

支払方法として選ばれているローン

この初期費用が準備できない場合には、ローンを組むという方法がおススメです。

施工会社の中には、ソーラーローンという太陽光発電の導入だけに利用できる低金利のローンを取り扱っているところがあり、うまく活用すると初期費用が0円で投資を始められるというメリットも期待できます。ソーラーローンは、施工業者が紹介してくれるものを使っても良いですし、一般の銀行や信用金庫などからラインナップされているものもたくさんあるので、いろいろ比較しながら決めると良いでしょう。

施工業者が紹介してくれるものは、手続きなどはすべて施工業者が代行してくれるので手間がかからないというメリットがある一方、金利が必ずしも市場最強というわけではないというデメリットがあります。まとまった費用を借りる太陽光発電投資の初期費用ですから、金利は少しでも低い方が長期的には大きな節約につながるため、金利で選びたいという投資家は少なくありません。その場合には、銀行などの金融機関に申し込みをして審査を受けたうえで、ローンを利用することができます。