太陽光発電への投資は超ローリスク・ハイリターン利回り10%以上多数あり

今現在も投資先として選ばれる太陽光発電

太陽光発電投資は、たくさんのメリットがあり、今最も注目されている投資方法と言っても過言ではありません。

もともと太陽光発電は、投資というよりは自然災害時における停電対策として導入されたり、毎月の電気代を少しでも安く抑えるための節約対策として導入されることが多いものでした。しかし、東日本大震災のような大規模な自然災害によって広いエリアが長期にわたって停電してしまうと、一般家庭や法人においては大きなダメージを受けてしまうことが考えられます。

日常生活に支障が出たり、ビジネスにおいては莫大な損失につながってしまうのです。そこで太陽光によって自家発電して、消費する電力の全てもしくは一部を自家発電でカバーできて、停電時にも最小限の生活を維持することを可能にしてくれる太陽光発電設備に注目が集まっているのです。

太陽光発電設備は、投資としても注目されています。自宅で使いきれなかった電力および発電した電力は、電力会社が10年もしくは20年間決められた売電単価で買い取ってくれるという制度が確立しています。

そのため、投資目的でこうした設備を導入しようと考えている投資家にとっては、安定した売電収入を望むことができます。不動産投資などでは、不動産の価格暴落などによって利益が損失になってしまったり、空室トラブルなどで思ったような収入につながらないことがありますが、太陽の光によって確実に発電できる太陽光発電投資なら、安定した収入を得ることができるのです。

高い利回りが期待できるのが選ばれる理由

太陽光発電投資では、最初に設備投資にまとまった金額が必要となりますが、投資における利回りは表面利回りで10%~13%程度、実質利回りで8%~10%程度が目安と言われています。

利回りが良い物件になると初期費用は高くなる傾向にありますが、その辺もよく考えながら自分にピッタリの物件を選ぶと良いでしょう。また、投資目的での物件なら、自宅から離れたロケーションの物件を選んでも良いですが、自宅で消費する電力もカバーしたい場合には、自宅の屋根に設置することで、土地代を節約できるというメリットも期待できます。