太陽光発電への投資は超ローリスク・ハイリターン利回り10%以上多数あり

利回りが10%あれば投資した金額の倍は儲かる

太陽光発電投資でどのぐらい儲かるかを知るためには、利回りをチェックしなければいけません。

太陽光発電投資における利回りは、太陽光発電によって発電した電力を電力会社に売電することによって得られる売電収入がいくらぐらいになるかを計算すると共に、太陽光発電設備のメンテナンスや固定資産税、初期費用でローンを組んだ場合にはローン返済額などかかる経費から計算することができる利益率と言ってよいでしょう。太陽光発電投資で高利回りの物件の場合、目安としては利回りが10%以上と言われていますから、投資物件を探す際にはこのぐらいの利回りを目安にすると良いでしょう。

例えば個人投資家向けの太陽光発電投資物件を探す場合、設置する場所は自宅なのか分譲物件なのかによってかかる初期費用は変わりますし、ロケーションや発電設備の向き、またそのエリアの日照条件などによって年間にどのぐらいの発電量が見込めるかも異なります。大半の施工業者では、最初にシミュレーションを出してくれますが、異常気象や気候の変動などによってシミュレーション通りにはいかない可能性があることは理解しておかなければいけないでしょう。また、自然災害などで設備が破壊された場合のために保険に加入する必要もありますよね。

利回りを計算する際には、少し低めに見積もっておいた方が安心かもしれません。

具体的に年間どのぐらいの収入になるかという点ですが、例えば年間で1700kw程度を発電できる太陽光発電設備へ投資した場合、電力会社からの売電単価が33円だとすると、年間で56,100円の収入となります。発電量がもっと多い設備を選べば収入も多くなるでしょう。

太陽光発電投資では、初期費用を回収するまでにかかる年月は7年~8年程度が目安と言われていて、最初にかけた費用が回収できれば後はメンテナンス費用や固定資産税などはかかるものの、利益をどんどん生み出してくれる投資方法なのです。投資の際には、年間の売電収入がいくらになるかをシミュレーションしてくれる業者を選びましょう。