太陽光発電への投資は超ローリスク・ハイリターン利回り10%以上多数あり

良い投資物件を探すには自分で勉強することも大事

太陽光発電投資で儲けるためには、物件が生み出す利回りに加え、ランニングコストがどのぐらいかかるのかという点もしっかりと比較して計算しておく必要があります。

太陽光発電投資の利回りは、一般的には表面利回りが計算されていて、利回りが10%を超えるとかなり高利回りの物件となります。物件選びの際にはこの表面利回りを比較する投資家が多いのですが、そこにどんな費用が含まれているかを考慮しながら比較することはとても大切です。

多くの場合には、土地代やシステム費用を含めて利回りの計算をしている業者が多いのですが、中には含まずに計算している業者もあるので、確認しなければいけません。

ランニングコストにいくらかかるのかという点も、太陽光発電投資で儲けるためには計算しておきたいですね。

太陽光発電投資のランニングコストには、メンテナンスにかかる費用に加えて土地や償却資産税に対する固定資産税がかかりますし、ローンを組んで発電投資をしている人ならローンの返済にも費用が掛かるでしょう。こうしたランニング費用をシミュレーションで計算した上で、実際の利回りがどのぐらいになるのかを比較することで、寄り満足度の高い太陽光発電投資ができます。

一般的には、表面利回りから2%~3%ぐらい差し引いた数字が実質利回りに近いので、実質利回りを10%にしたい場合には、表面利回りが12%前後の物件を見つけなければいけないことになります。こうした利回りの計算を面倒がらずにしっかりしてくれる業者を選ぶことも大切です。

投資を成功させるために知っておきたい事前知識